良く見ると左右の穴の大きさが異なる!?コンセントの雑学を分かりやすくご紹介

こちらのサイトは、普段ほとんど気にしたことがない電源コンセントの雑学について分かりやすく解説しています。
2つの穴を良く見ると左右で大きさが違っていることを発見、サイズが違うのには何がりゆうがあるのではないか、このように考える人は多いのではないでしょうか。
さらに、タコ足配線は危険といわれているけれどもその理由には何があるのか、複数の電源プラグを使う場合はテーブルタップが便利などにも触れているので参考にされると良いでしょう。

良く見ると左右の穴の大きさが異なる!?コンセントの雑学を分かりやすくご紹介

電源コンセントをじっくり見ると、穴の大きさが左と右で違っている、これは何を意味するものなのかご存知でしょうか。
実は、穴の大きさが異なるのはコールドとホットといった具合にそれぞれに極性が存在していてホット側は電源を接続機器に送る側でありコールド側はアースに接続する側などの意味があります。
AV機器などの場合は、左右の向きを正しくコンセントに接続することでノイズなどの防止に役立てることができるのでコードにはマークが付いています。

コンセントの左側の穴はアースとしての役割がある

普段何気に使っている電源コンセントは、じっくり見ることはないので左右の大きさに違いがあることに気が付いていない人も多いのではないでしょうか。
これは雑学として覚えておくと良いのですが、左右の大きさが異なる理由を理解することでAV機器の電源の取り方で音質や映像の質が向上するなどのメリットにも繋げることができます。
コンセントの左側の穴は接地(コールドと呼びます)の役割を持つ方で、右側の穴は電源を取るための穴でホットと呼びます。
また、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの家電品を使うときには緑色のリード線が付いているコンセントを使って、アースはそこに取り付けるのが一般的です。
いずれも接地などの意味になるけれども緑色のコードが付いているものは感電防止の目的で取り付けるタイプで、庭や建物など地面部に接続された住宅のアース電極に繋げることで感電を防止することができます。
一方、コンセントの左側は落雷もしくは電線の故障などの電力側の事故に備えたものなどの違いがあります。

感電を防止するためのアース付きコンセント

冷蔵庫や洗濯機の電源プラグを見ると、そこにはプラグ以外に緑色の線材が付いていてそれをアース付きコンセントに接続して使うことになります。
冷蔵庫や洗濯機を業者さんに設置して貰ったり、引っ越しなどの際にも引っ越し業者に設置して貰うと緑色リード線をアース付きコンセントに接続して貰えるので安心ですが、自分でやるときそれの意味を知らないと接続せずにプラグだけ差して電化製品を使っている人も多いかもしれません。
電化製品のACプラグに緑色のリード線が付いている場合は必ずアースを取ることが重要で、これを怠ると感電する恐れもありますので注意が必要です。
ちなみに、コンセントの左側はコールドと呼ばれるもので右側から電源を供給して接続機器内部でグランドに落としたものを左側の穴に送り込み接地を行うなどの仕組みを持ちます。
この場合は落雷や電線の故障などのトラブルに備えたものでアース付きとは目的そのものが異なります。
パソコンなども緑色のリード線が付いているタイプが多くなっているので、テーブルタップを購入するときには接続できるタイプを選ぶことをおすすめします。

AV機器のコンセントには向きがあり正しく使わないと音質への影響も

テレビや冷蔵庫など電化製品のプラグを差し込むACコンセントの穴は、左右で大きさが異なっていて一般的に右側は約7mmで小さめ、左側は約9mmで大きめです。
小さい方は電源側と呼び電圧がかかっているのですが、大きな方は接地側でアースに繋がっています。
アースは、ACコンセントにより通常より高電圧がかかることを防止する目的になるもので、アース付きコンセントは感電防止などの違いがあります。
大きさを変えていることはこのような理由があるためなのですが、冷蔵庫などの電化製品は一度接続したら大掃除をするまではそのままにしている、他の電化製品も使わないときは待機電流をゼロにする目的で抜いておく人は多いといえます。
再び挿入するときは左右のことを考えて利用する人も少ないけれども、AV機器などの場合は正しい向きで使わないと音質や映像品質が悪くなることもあるので注意が必要です。
AV機器の電源コードに白色のマークなどが付いている場合は、コンセントの左側(サイズが大きい方)が白色マークになるようプラグを挿入する、これによりノイズを拾ってしまうなどもなく高音質や高画質を楽しむことができるようになります。

通販でコンセントを買うときにはPSEマークをチェックしよう

通販でコンセントを買うときは、PSEマークをチェックして選んだり購入するのが安全ではないでしょうか。
PSEマークとは電気用品の安全を守る為の法律に基づく表示で、適合検査をクリアした製品にのみ許されています。
日本のメーカーの家電製品やコンセントには、もれなくこのマークがついているので安心ですが、海外製品にはないものがあるので注意です。
PSEの検査とマークの取得はコンセントに義務づけられているので、取得していないと思われる製品を通販で購入するのはリスクが高いです。
製造や輸入は勿論、販売も認められていませんし、最悪メーカーや販売店が処罰されることになります。
表示義務を怠ると、販売停止や回収命令、罰金といった罰則が科せられるほどです。
使用者は知らずに購入してしまうケースも想定されるので、基本的に罰則の対象にはなりませんが、しかし安全に使用できない恐れがあります。
安心して使用する為にも、コンセントは適合検査を受けていて安全に使える製品かどうか、マークを確認して購入することが大事ではないでしょうか。

コンセントに関する情報サイト
電源コンセントの雑学

こちらのサイトは、普段ほとんど気にしたことがない電源コンセントの雑学について分かりやすく解説しています。2つの穴を良く見ると左右で大きさが違っていることを発見、サイズが違うのには何がりゆうがあるのではないか、このように考える人は多いのではないでしょうか。さらに、タコ足配線は危険といわれているけれどもその理由には何があるのか、複数の電源プラグを使う場合はテーブルタップが便利などにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search